コンテンツへスキップ

中村ゆきつぐ氏の4/28付けBLOGOS記事「制限緩和 どのように行うのがいいのか 油断ではなく希望を持たせる言葉『もう少しです』を」へのコメント

中村ゆきつぐ氏の4/28付けBLOGOS記事「制限緩和 どのように行うのがいいのか 油断ではなく希望を持たせる言葉『もう少しです』を」にコメントしました。


| 主催者は個人情報の保管

これがきちんとできるなら、風俗営業もアリだと思いますよ。もちろんその前提は、クラスター対策ができる程度に感染者が減少すること、ですが。

今の問題は、どこからどう感染が広がったのか明らかではないこと。

感染経路をきちんと追って、接触者の検査を素早く行うなら、それ以上の感染を防止することができますし、無症状や軽症の感染者も隔離ができる。

考えようによっては、むやみやたらに検査を行うよりも、新規感染者という格好のインディケータを利用したほうが効率的なのですね。

あとは、個人情報をどのように確認するかが問題です。マイナンバーカードの所持を義務付け、読み取り機をコンサート会場や居酒屋や風俗を含めたあらゆる店舗に設置するというのが一つの解ですけど、これ、簡単にできますでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。