コンテンツへスキップ

安倍宏行氏の6/21付けBLOGOS記事「『大きな塊にしてうねり作る』国民民主党前原誠司元外相」へのコメント

安倍宏行氏の6/21付けBLOGOS記事「『大きな塊にしてうねり作る』国民民主党前原誠司元外相」にコメントしました。


ここ、大事なところですね。
------
安倍: 今がある意味チャンスであり、野党再編のうねりに持っていきたいのでは?

前原: そうしないといけない。いずれにせよ国民民主党の支持率は1%ない。それぞれの議員がどういう問題意識を持つかだ。権力の維持とか議員でさえ居ればいいとか思うんだったら、そんなうねりは二度と起きない。
------

良くお判りです。「国民民主党の支持率は1%ない」という事実の背景が「議員でさえ居ればいいとか思う」ってことだろうとは、多くの国民がうすうす気づいていたところです。

これって、税金の無駄遣いであるとは思わないのでしょうか?

そもそも政党活動の基本はそれぞれの議員がもつ「問題意識」であるはずで、それがない状態で政党を名乗ること自体、おかしな話なのですね。

もちろん、その動機が「議員でさえ居ればいいとか思う」なら、これはわからないではないのですが、、、

1 thought on “安倍宏行氏の6/21付けBLOGOS記事「『大きな塊にしてうねり作る』国民民主党前原誠司元外相」へのコメント

  1. mi.mino

    >>もともと民主党政権の1丁目1番地は地方主権改革。
    ああ、外国人参政権を地方からやるのね。
    民主党がとった時に、公約にも一切述べていないのに一番最初に言い出したね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。