コンテンツへスキップ

Chikirin氏の11/2付けBLOGOS記事「真の敗者は公明党」へのコメント

Chikirin氏の11/2付けBLOGOS記事「真の敗者は公明党」にコメントしました。


公明党は、維新に貸しを作った、ということではないでしょうか。

公明党に借りをこさえても、得票率をちょっと積み上げれば都構想現実化、と踏んだ維新が最大の敗者でしょう。まあ、普通そう考えなくてはいけません。

ここで毎日新聞にぶー垂れても始まりません。こんなフェイクに騙されないだけの、都構想に関する十分な情報を、府民にはあらかじめ開示しておかなくてはいけませんでした。

問題は、これで都構想は完全に頓挫するのではないか、ということ。維新といえば都構想、都構想といえば維新のような重要政策が完全に頓挫してしまいますと、維新の存在意義に関わる。レゾンデートルを失ってしまうのですね。

自民党ではなく、左寄りでもない野党、というのが存在しないことが我が国の不幸であり、その結果、自民党が一強状態になってしまう。左翼政党が弱小化するのは自業自得なのですが、健全な批判勢力がないことが最大の問題なのですね。

で、維新は、少々怪しげな部分もありましたが、一応は右寄り野党というポジションをとっておりましたが、これが未来を失ってしまいますと、この部分に新たな登場人物を期待しなくてはいけない。

ふうむ、、、石破氏、小池氏、玉木氏、、、帯に短し襷(たすき:褌とは違います)に長し、、、

1 thought on “Chikirin氏の11/2付けBLOGOS記事「真の敗者は公明党」へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。