コンテンツへスキップ

PRESIDENT Onlineの2/13付けBLOGOS記事「『日本だけ異様に高い信頼度』マスコミを盲信する人ほど幸福度は低い」へのコメント

PRESIDENT Onlineの2/13付けBLOGOS記事「『日本だけ異様に高い信頼度』マスコミを盲信する人ほど幸福度は低い」にコメントしました。


他人と同じであることを良しとする社会と、他人と違う部分を評価する社会があって、日本は前者だけど、国際的には後者が主流ということじゃないでしょうか。

日本のような社会の中で新聞は、他人と同じになるためのマニュアルの役割を果たしている。だけど、他人と同じでは幸せにはなれない、低い幸福度にとどまってしまう、ということなのでしょうね。

何でこんなことになっているかといえば、昔はみんなが同じことをすることが効率的だった。米作農業では、たくさんの人が一列に並んで田植えをしたり刈り取りをする。工場でも、何百人もが長い机に向かって組み立て作業をする。他人と同じスピードで同じことをすることが要求されていたのですね。

しかしながら今日では、他人と同じことをやっていては幸せになれない。レッドオーシャンで生きるしかなくなる。他人とは違うことをすることが、ブルーオーシャンで生きる第一歩なのですね。そもそも、農業にせよ、工業にせよ、今日では普通に機械を使いますから、みんなが同じことをして意味がある局面は、さほどありません。

だから、人々が気づいていないことにいち早く気づく人が幸せになれる。新聞記事を疑う人こそが幸せになれる。逆に、新聞記事を信じて他人と同じ考えを身に付けようと考える人は不幸になる。あたり前のことが起こっているだけの話なのですね。長きにわたって農耕民族であった日本人も、そろそろ、考え方を変えなくてはいけないと思いますよ。

1 thought on “PRESIDENT Onlineの2/13付けBLOGOS記事「『日本だけ異様に高い信頼度』マスコミを盲信する人ほど幸福度は低い」へのコメント

  1. mi.mino

    私はマスコミを一応は信用するよ。

    但し、朝日は左、産経は右、読売は保守的という傾向はきちんと把握しているからそのように読んでいるけれども

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。