コンテンツへスキップ

3/1付けのかさこ氏のBLOGOS記事「驚き!新型ウイルスのおかげで通常インフルエンザ感染者が400万人も減少!」へのコメント

3/1付けのかさこ氏のBLOGOS記事「驚き!新型ウイルスのおかげで通常インフルエンザ感染者が400万人も減少!」にコメントしました。


| 新型コロナウイルスは国内感染者230名で死亡は5名。

つまり、感染者46人当たり1人が死んでいるのですね。それで、1億人が感染したら、217万人が死ぬことになります。

いっぽうのインフルエンザは、といいますと、、、

| 例年なら1000万人が感染しインフルエンザによる直接間接が
| 原因で年間1万人が死亡している。

つまり、1億人が感染したら、死者は10万人ということになる。

新型コロナの潜在的リスクは、インフルエンザに比べて、日本人の死者で200万人多いというわけで、これはちょっとした大問題だと思いますよ。

おまけに、屋形船やクルーズ船での爆発的な感染をみますと、普通のインフルエンザよりも感染力が強いかもしれない。この手のことが日本全国で起こったら、大災害になる、というわけです。

病気の感染は、分枝過程という数理モデルで表され、初期の感染者の拡大からこのモデルを支配するパラメータの推定も可能なのですね。つまり、将来予測も比較的容易にできる。

これ、新製品の普及予測などで普通の会社もやっているのですが、おそらくは、厚生省あたりもすでにやっているはずなのですね。

当然ながら、様々なケースで計算され、異なる結果を得ているはずですが、安倍氏の今回の発表をみますと、相当に悲惨なケースもあり得る結果が出た、ということなのではないでしょうか。

ここは、あまり楽観視せず、かといってパニックになることもなく、政府の指示におとなしく従うのが吉だと思います。

まあ、これが世の終わりだと思えば、どんちゃん騒ぎをするという解もありそうな気はするのですが、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です