コンテンツへスキップ

許される交わりの深さは?

山田肇氏の8/11付けアゴラ記事「朝日新聞が旧統一教会側と『接点』」へのコメントです。


ごもっともです。線引きをどこにするか、が難しい問題ですね。

資金提供や票の取りまとめなどの利益供与を受けたのも駄目ということになりますと、我が国は国連脱退もしなくちゃいけない。世界を相手に、もう一戦、交えますかね(反語ですからね)。

宣伝、ヨイショの類がだめとなりますと、朝日新聞は、サンゴ慰安婦原発作業員逃亡に次いで、もう一遍ゴメンナサイをしなくちゃいけません。

利益供与もOK、多少の宣伝をしてもOKということで線引きをすると、大抵の政治家はOKということになるでしょう。

その線引きの駄目な側といたしましては、告訴までされてしまいました旧民主党委員長兼安愚楽牧場広告塔の海江田万里氏を、ランドマークとしておくのがよろしいのではないかと思います。さすがにここまでやってはいけませんョ。

1 thought on “許される交わりの深さは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。