コンテンツへスキップ

李下に冠を正す恥ずかしい人々

アゴラ編集部の1/13付けアゴラ記事「日本から移送された米国受刑兵が仮釈放に:米国にNOと言えない日本の現実」へのコメントです。


アゴラでは、日本の司法が非人道的だという米国国内の偏った認識に基づいて進んでいたアルコニス問題に関心を寄せていましたが、ついには日本では注目されずに幕引きとなりそうです。

これは「偏った認識」なのでしょうか? 昨年末、大川原化工機の不正輸出なる冤罪事件に対して賠償命令が下されたのですが、捜査員による捏造などという証言も出されております。こんなことは、文明国であってはならないことなのですね。

これに類似したケースは、魚住昭著「官僚とメディア」に多数紹介されております(紹介はこちら)し、ちきりんさんのブログ記事「“検察が逮捕したい人”一覧」にも列挙されております。この中でも、検察の裏金作りを告発しようとして逆に起訴された三井環氏のケースは、問題大有りですし、日本の検察に対する世界の信頼を完全に失わせても不思議のない事例でしょう。

古くからの諺に「李下に冠を正さず」という言葉があります。冠が正しい位置からずれてしまっても、それが李(スモモ)の木の下であれば、スモモをとろうとしていると疑われないように、あえて冠を正さない、という意味なのですね。

つまり、検察が検挙したくなるような人に対しては、仮に微罪が見つかってもあえてこれを見逃さなくてはいけない、ということ。そういえば、パーケンキックバックに対する安倍派議員に対する異常な力の入れようも、意趣返しでは、といった説もありました。これも似たような話だと思うのですね。気を付けなくてはいけません。

1 thought on “李下に冠を正す恥ずかしい人々

コメントは停止中です。