コンテンツへスキップ

大串博志氏の4/26付けBLOGOS記事「7月末までに高齢者のワクチン接種を終える・・に根拠はあるのか」へのコメント

大串博志氏の4/26付けBLOGOS記事「7月末までに高齢者のワクチン接種を終える・・に根拠はあるのか」にコメントしました。


これまで菅総理は、1ヶ月で緊急事態宣言を終える、再び緊急事態宣言を出さないようにする、と発言し、それらは残念ながら実現しませんでした。今回のことも、そのような「実現できるかは分からない口約束」の類なのか。

そうだとすると、総理の発言としてはあまりに軽いと言わざるを得ません。

含蓄のあるお言葉ですが、未来については、確定的なことは言い難い。これは、かつて民主党が掲げた「マニュフェスト」で充分にご理解されていると思います。

もちろん、マニュフェストは、「こうします」という選挙公約であったわけで、これを守らないことは非難の対象となるのですが、「1ヶ月で緊急事態宣言を終える、再び緊急事態宣言を出さないようにする」といった発言は、果たして約束なのか、決意表明なのか、この見極めからしていかないといけないように思うのですね。

決意表明であるなら、守れなくてもちょっと白い目で見られることはあっても、非難まではされないと思うのですが。エントリー主がこれを約束とみなす判断理由を伺いたいところです。

1 thought on “大串博志氏の4/26付けBLOGOS記事「7月末までに高齢者のワクチン接種を終える・・に根拠はあるのか」へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。