コンテンツへスキップ

名月論氏の3/9付けBLOGOS記事「日本だけ異様に新型コロナウイルス感染者死亡者が少ない印象が…」へのコメント

名月論氏の3/9付けBLOGOS記事「日本だけ異様に新型コロナウイルス感染者死亡者が少ない印象が、、、 3」に<コメントしました。


内閣官房の3/8の感染者と死亡者のデータから、感染者/死亡者の比率を計算してみました。

国    感染者  死亡者 比率
中国   80,695  3,097  26
韓国   7,134   50   143
イタリア 5,883   233   25
イラン  5,823   145   40
フランス  949   16   59
ドイツ   795   0
日本    454   6    76
スペイン  374   5    75
米国    338   14   24
スイス   228   1   228
オランダ  188   1   188
英国    184   2    92

本エントリのご主張は、我が国では異様に感染者が少ないということですが、我が国の二倍の人口を持つ米国が我が国より感染者が少なく、我が国の半分の人口を持つ英国の感染者数は我が国の1/3程度と、我が国の感染者が特に低いという印象は受けません。

我が国で多くの感染者を出している県が中国からの来客の多い県であることを考えますと、イタリアやフランスに感染者が多く発生しているのは、観光客の数に対応していると考えればさほど不自然でもありません。

また、韓国で特に多数の感染者が発生しているのは、宗教団体の問題であることが明らかになっており、若年層に感染者が多いことから死者が少ないという説明も納得がいくところです。

感染者と死亡者数の比率から見てとれることは、検査をどの程度実施するかの違いが効いている様子で、きっちりと検査をしそうな、ドイツ、スイス、オランダ、韓国でこの比率が高く(死者あたりの感染者が多く)いかにもルーズでありそうな中国、イタリア、米国でこの比率が低くなっております。

で、日本はといいますと、ほぼ真ん中あたり。つまり、普通、ということですね。


3/10追記:内閣官房の新しいデータ(3/9正午現在)です。

コロナの感染者と死者0309

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。