コンテンツへスキップ

木曽崇氏の3/23付けBLOGOS記事「【皆に考えて欲しい】K-1強行開催は典型的な『トロッコ問題』」へのコメント

木曽崇氏の3/23付けBLOGOS記事「【皆に考えて欲しい】K-1強行開催は典型的な『トロッコ問題』」にコメントしました。


「自粛要請」を無視されて怒り出すって、とてもみっともない姿だと思いますよ。「自粛」なんだから、受け入れるか受け入れないかは自分で決めればよいのですね。

これを怒り出すということは、自分と相手が対等な関係ではなく、俺はえらい、相手は俺の言うことを聞かなくてはいけない、と信じているということ。

そしてその確信がもろくも崩れ去った、ということなのですね。

もちろん、えらい人に逆らったら、何らかのバツが下る、ということかもしれない。

偉い人に忖度して、役所の人たちが、逆らった人に様々な嫌がらせをするとか、、、

まあ、そういうことがあるかもしれないと思うから、えらい人の言うことに従う人が多いのかもしれない。

でもこれって、まともな行政の姿ではないですよね。思想的には相当な後進国のやり方です。これは改めなくてはいけない。

この先、行政が何らかの指導をしたいなら、きちんと法に従って指導しなくてはいけない。

相手の判断にゆだねる助言なり要望であるなら、相手が思うように動かなくても怒ったりしてはいけない。確実に守らせたいなら、法に基づく命令を下すこと。

簡単な話です。

もちろん、一方で、K1のサイドにも、社会の一員として守るべき道はある。でもそれは、この議論とは別の話で、ここでは行政サイドの問題点を論じた次第です。こちらはこちらで、大問題なのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。