コンテンツへスキップ

篠原孝氏の3/27付けBLOGOS記事「【新型コロナウイルス感染症シリーズ2】【政僚シリーズ9】…」へのコメント

篠原孝氏の3/27付けBLOGOS記事「【新型コロナウイルス感染症シリーズ2】【政僚シリーズ9】危機管理対応ができない安倍官邸の病巣- 経済政策の悪乗りで新型コロナウイルス対策をやられたらたまらない」にコメントしました。


我が国の新型コロナ対応が百点満点とは言えないことは確かでしょう。特に、クルーズ船への対応や、中国、韓国からの入国がざるであったことは、大いに反省しなくてはいけません。

しかしながら、我が国の対応と諸外国の対応を比較すれば、我が国は奇跡的にうまく対応している。これは、特に国民の命を守るという意味では、大きな成功を収めているといえるでしょう。

多くの国民の本音は、「自民党政権でよかった。民主党政権が続いていたら、壊滅的な打撃を受けたはずだ」というのが実情じゃないでしょうか。

安倍氏が「トラストミー」などと言い出さない、その一点をとってみても、その大違いぶりがよくわかるというものです。


3/28追記:いくつかの返信を頂いておりますのでいかにご紹介しておきます。

Zakana Ao
>「自民党政権でよかった。民主党政権が続いていたら、壊滅的な打撃を受けたはずだ」

実際はやってみないとわからないところはありますが,
ここに集約されるでしょうね.

他の記事にも書きましたが,
3.11の時の首相は,現地の専門家無視して
「僕は原子力に詳しい」なんて言い出してたわけですし.

で,自分たちのボスだった人間がそういうことを言ったことを忘れて「首相は専門家の言うことを~」とか言ってみたところで.

「でも,お前たちはもっと無視するよね」

って思いが出てしまいます.
今の政権が5点でも10点でも,ライバルが0点なら
評価が高いのは今の政権なんですよね.
(なら,自分が政治家になって15点取ればいいじゃん,
となるべきなんでしょうけど,私と私の周りの幸福のためには,
政治家よりも今の仕事のほうが直接的で蓋然性が高い.)

「"自民党"支持者」なんてほとんどいなくて
「"非民主党"支持者」ばかりというのが実情でしょう.


Shinichi Yokoi
クルーズ船の対応が拙かったと言われるが、亡くなった人が、3700人中10人で済んだことは、結果としてそれなりに評価しても良いのではないでしょうか。

結局のところ、百点満点ではない。もっと良いやり方はあった。だけど、許容されるレベルの失点だった、ということでしょう。

そして、少なくともこれは、民主党政権が続いていた場合よりは、はるかにましな結果だったはずだ、ということなのですね。少なくとも、3.11の記憶がありますから、強くそう思うわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。