コンテンツへスキップ

五十嵐仁氏の5/5付けBLOGOS記事「緊急事態宣言の延長で明らかになった愚かな政府の失敗と賢明な国民の対応」へのコメント

五十嵐仁氏の5/5付けBLOGOS記事「緊急事態宣言の延長で明らかになった愚かな政府の失敗と賢明な国民の対応」にコメントしました。


| 初動の遅れがなく水際対策が成功していれば、韓国や台湾の
| ように感染拡大を防げたかもしれないのですから。

韓国の対応に関しては、八幡氏がアゴラに詳しい経緯を書かれています。 http://agora-web.jp/archives/2045854.html

韓国の対応を成功に導いた情報システムは、いずれ我が国でも取り入れたほうが良いと思いますが、今これを言っても致し方ありません。

また、韓国も台湾も臨戦状態にある国で、政府の統制が効きやすいという事情もあったのですね。日本も、もう少し、強権発動ができるようにした方が良いとは思いますが。

| 新型コロナウイルスの感染対策に本腰を入れるようになったの
| はオリンピック・パラリンピックの1年延期が決まってからです。

この因果関係はあるといえるのでしょうか。毎週日曜日までの新規感染者の7日平均は次のようになっています。

3/15:42、3/22:40、3/29:90、4/5:221、4/12:489

4/5日までの一週間で新規感染者が前週に比べて二倍以上になり、時を同じくして、オリンピックの一年延期と緊急事態宣言が出されております。これをみれば、感染の急拡大がすべての原因であると考えるのが妥当ではないでしょうか。

日本は、新型コロナを原因とした人口あたりの死者数が非常に少ない。これは、たまたま運が良かったからかもしれませんけど、他のアジア諸国と比べても良好なポジションに付けているということは、対応が良好であった結果でもある。

野党を支持する方々からは、今回の災害も、何とか政権批判につなげたい心境はよくわかるのですが、良好な対応がなされているときは、これを称賛するのもまた潔い態度だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。