コンテンツへスキップ

自由人氏の5/21のBLOGOS記事「官僚が不祥事を起こせば『内閣が悪い』の欺瞞」へのコメント

自由人氏の5/21のBLOGOS記事「官僚が不祥事を起こせば『内閣が悪い』の欺瞞」にコメントしました。


これ、「お役人の一人が起こした不祥事」なのか、「当該役所にかかる風習が蔓延している」のかで相当に判断が異なってくるのですね。

検察と新聞社の癒着に関しては、魚住昭氏の著書「官僚とメディア」やちきりん氏の下記エントリーの指摘するところで、黒川氏一人の問題ではないとするのが一般的な認識です。

”検察が逮捕したい人”一覧

かけマージャンに関しては、検察でどの程度一般化しているかわかりませんが、かつての記者クラブでは日常的に麻雀がおこなわれていたことを元新聞記者の新田氏が指摘されています。

普通に考えれば、問題は黒川氏一人だけでは済まないように思いますけどね。これだけのことが一人でできるようにはとても思えません。

あり得ない話ではないのですが、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。