コンテンツへスキップ

猪野亨氏の5/29付けBLOGOS記事「過剰還付の1500万円 1年半で使い切る額ではない」へのコメント

猪野亨氏の5/29付けBLOGOS記事「過剰還付の1500万円 1年半で使い切る額ではない」にコメントしました。


公金横領などで巨額のキャッシュを不正に手に入れた人が良く使うセリフに、ギャンブルにみんなつぎ込んだというものがあります。

これが依存症の人であれば、思わぬ大金が手に入れば、大きな勝負に出ることもわからなくはない。公金横領のきっかけがギャンブルでかさんだ借金返済のためであったら、説得力のあるセリフです。

その結果、全部すってしまったということになると、犯罪事件の被害者としては泣き寝入りするしかない。今回は、犯罪ですらない役所の間違いということで、すった側にも情状酌量の余地が出てきそうです。

もちろんありがちなパターンは、ギャンブルですったというのは全くの嘘で、信頼できる人に預けてあるか、どこぞの山奥に埋めてあったりするのですね。何年か刑務所で我慢して出所した暁には、埋蔵金を掘り出して一生優雅にやっていく、という作戦です。

お話としたら、お金を預けた人物に裏切られるとか、誰かが埋蔵金を掘り当てて、しかも内緒にしているとか、その手のややこしい事情があるところに、男がムショから出所する。そうしてドラマが始まったりするのですが、、、

ま、そうしなさい、と助言しているわけではないけどね。

1 thought on “猪野亨氏の5/29付けBLOGOS記事「過剰還付の1500万円 1年半で使い切る額ではない」へのコメント

  1. mitsu minomi

    豪遊してしまえば、できないことではないが、まあ派手に使えば目立つな。
    あとFXで溶かしたとか、でもよっぽどアホなことしなければそうはならないな。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。