コンテンツへスキップ

木走正水氏の7/1付けBLOGOS記事「EUの渡航解禁リストに選ばれし日本〜だがしかし発生感染者密度がいまだ10倍以上の開きがある現状」へのコメント

木走正水氏の7/1付けBLOGOS記事「EUの渡航解禁リストに選ばれし日本〜だがしかし発生感染者密度がいまだ10倍以上の開きがある現状」にコメントしました。


いや、これは、スウェーデンをのぞいて平均しないと、、、このお国は、異常値ですから。

それに、上位10か国というのも恣意的ですね。

やるならやるで、きちんとやりましょう。

もちろん、きちんとやっても、我が国の感染者・死者数は、人口あたりでもEUよりはるかに下であることに変わりはないのですけどね。

1 thought on “木走正水氏の7/1付けBLOGOS記事「EUの渡航解禁リストに選ばれし日本〜だがしかし発生感染者密度がいまだ10倍以上の開きがある現状」へのコメント

  1. mi.mino

    >>中国については、EUからの渡航が認められれば、受け入れ対象国となるのだそうです。

    あたらしいインフルエンザが中国で発生したようなので持ち込まれないように注意しなね。
     中国の三峡ダムが、放水して下流が泥の水びだしてかなり不衛生な状態になっているから余計にね。中国人たくましーなんてのんきな意見を言っている人がいるけれど、こういう状況から新しい病気が出てくるんだよ。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。