コンテンツへスキップ

立憲民主党の7/9付けBLOGOS記事「感染者急増に『国も東京都も手を打たないで傍観している…』枝野代表」へのコメント

立憲民主党の7/9付けBLOGOS記事「感染者急増に『国も東京都も手を打たないで傍観している…』枝野代表」にコメントしました。


現在の新型コロナ感染者の増加は、確かに手を打つ必要性を感じさせる状態となっております。

でも一方で、休業要請等々を発令するとなりますと、経済に対する打撃もそれなりにあることから、状況を見極める、ということもまた大事なこととなります。

現状は菅氏によれば次の通りです。https://blogos.com/article/470350/

> 現在の東京都では、コロナ感染者用に確保したベッドが約3300床あり、これに対して入院患者は444人、重症者は6人となっていると説明。東京都の医療体制は「逼迫していない」との見解を示し、直ちに緊急事態宣言を発出する状況とは考えていない根拠を示した。<

というわけで、判断基準は医療資源の余裕にある、ということですね。これはこれで一理ある妥当な基準であると思われ、批判するならこの部分を否定しなくてはいけません。

それにしても、

| 直ちに緊急事態宣言を発出する状況とは考えていない

ですよ。枝野さん、お株を奪われてしまいました。

著作権侵害事件の一ケースとして、これに似た事件(というより「騒動」)が過去に起きております。題して「オヨヨ騒動」。WIkipediaによりますと、その展開は次のようなものでした。https://ja.wikipedia.org/…/%E6%A1%82%E6%96%87%E6%9E%9D_(6%E…

・小林信彦氏が「オヨヨ大統領」が活躍(?)するユーモア小説「『オヨヨ』シリーズ」を発表する

・6代目桂文枝が驚いたときに「オヨヨ」と叫ぶギャグを演じる

・これを小林氏が盗用であると抗議、桂氏はこのギャグの使用を止めて謝罪

これ、法律的にはどうかという問題はありますが、枝野さんにも菅さんを訴える、一つの理屈にはなりそうです。

ま、ギャグ的ではありますけど、、、

1 thought on “立憲民主党の7/9付けBLOGOS記事「感染者急増に『国も東京都も手を打たないで傍観している…』枝野代表」へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。