コンテンツへスキップ

新型コロナの現状(7/17)

新型コロナ感染状況の7/17版です。


我が国の状況

本日正午時点での厚労省の集計(国内分)では、感染者数が昨日から619人増加して累計23,029人、死亡者は累計984人の変わらずとなっております。

下の図は新規の7日平均値をプロットしておりますが、新規感染者の7日平均値の増加は、ずっと継続しております。ただし、新規感染者の7日平均値の倍化日数は昨日同様の11日となっており、これまでの推移は、8, 8, 8, 9, 9, 10, 10, 11, 11という形で推移しております。

倍化日数が長期化しているという意味は、指数関数的増加の速度が緩和しているという意味ではあるのですが、そもそもの指数関数的増加が急激な加速度的増加であり、新規感染者数の増加速度自体は加速的増加となっております。

世界の状況

厚生労働省の発表による世界の状況を下表に示します。中南米の増加率は、引き続き高い値を示しております。なお、本日は、パキスタン以外の国でデータが更新されており、異常値もない様子です。

日本の単日の新規感染者増加率2.5%は、国際的にみても、高い部類に属します。死亡者の増加が少ないのは救いではありますが、一般に感染者の増加から2週間程度経過してから死亡者が増加する傾向がみられ、この先が懸念されるところです。

2 thoughts on “新型コロナの現状(7/17)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。