コンテンツへスキップ

中村ゆきつぐ氏の7/22付けBLOGOS記事「GoToの問題 状況変化に合わせられない東京都」へのコメント

中村ゆきつぐ氏の7/22付けBLOGOS記事「GoToの問題 状況変化に合わせられない東京都」にコメントしました。


東京都と政府をフラットに並べて論じるのは、少々違和感を禁じ得ませんね。

東京都が不要不急の外出を控えるように呼び掛けるのは、都内に新規感染者が増加しているため、当然の措置といえるでしょう。

一方のGoToキャンペーンは、コロナが収束してもいない時期に行うのは、勇み足、というよりも(ちきりん氏指摘のごとく)困窮の極みにある旅行業界のごり押しと政府がこれに負けてしまったから、ということですね。

その意味するところは、GoToキャンペーンの結果、新型コロナ感染拡大の第二波を招く蓋然性が多分にあること、しかもそれは人災であるということ。その責任は、第一に我が国の旅行業界にあり、第二にそのごり押しに負けた政府(特にその要人お二方)にあることは明白なのですね。

だから、第二波が生じてしまったら、旅行業界はさらなる苦境に立たされるでしょうけど、これは自業自得となる。むしろ、国民に対する加害者の立場になるわけで、誰の助けも期待できないことになるのですね。

旅行業界も、これを支援してきた政府要人の方も、ここは正念場。何があろうとここで新型コロナの感染拡大を起こさせるわけにはいかない。そういう状況下に置かれたことを肝に銘じなくてはいけません。

今ここに、我が国旅行業界の存亡を賭けた闘いが始まった、ということですね。

ばかげた話だと思いますけど、はじめてしまったものは仕方ありません。これには多くの国民の命もかかっております。ここは、ぜひとも勝っていただきますよう、私も陰ながら応援したいと思います。

1 thought on “中村ゆきつぐ氏の7/22付けBLOGOS記事「GoToの問題 状況変化に合わせられない東京都」へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。