コンテンツへスキップ

新型コロナの現状(7/27)

新型コロナ感染状況の7/27版です。


我が国の状況

本日正午時点での厚労省の集計(国内分)では、感染者数が昨日から830人増加して累計29,452人、死亡者は変わらずの累計995人となっております。

下の図は新規の7日平均値をプロットしておりますが、新規感染者の7日平均値の増加は、指数関数的増加を続けております。

新規感染者の7日平均値の倍化日数は昨日から1日延びて12日となっております。これまでの推移は、8, 8, 8, 9, 9, 10, 10, 11, 11, 10, 10, 11, 11, 11, 10, 10, 10, 11, 12という形で推移しており、指数関数的増加の速度は低下しております。

世界の状況

厚生労働省の発表による世界の状況は、中南米の増加率が高いものの、その他は比較的落ち着いた数字となっております。なお、ペルー、パキスタン、スペイン、コロンビア、フランスの数値は昨日と同じものが入っております。

3 thoughts on “新型コロナの現状(7/27)

  1. mi.mino

    そうするとマスクをかけることでさらなる有益な事態がわかる。
    マスク内は呼吸によって気温と湿度が高くなる。

    返信
  2. mi.mino

    本日のBBCニュースによる実験に依れば、やはり湿気そして気温が問題であることがわかった。
    被害を受けた九州の方には悪いが梅雨が長引いていることがコロナを防ぐ良い影響を与えているのだろう。
    誰がやっているのかは聞き取れなかった。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。