コンテンツへスキップ

ヒロ氏の7/29付けBLOGOS記事「一線を越えた『土下座像』」へのコメント

ヒロ氏の7/29付けBLOGOS記事「一線を越えた『土下座像』」にコメントしました。


これは鳩山像だ、という意見もあったが、、、

それはともかく、子供に悪口を言われたからといって、一々むかっ腹を立てていても始まりません。その程度の人たちだと考えれば、別に腹も立たない。

もちろんこれが許されるのは、一般の人たちだからであって、政治家や外交官の方は、きちんとした対処をしなくてはいけないのですね。それが仕事ですから。

あとは、当然のことですけど、この方たちは日本に何かをしてもらえるとは考えてはいけない。日本にとっても、朝鮮半島の人たちの事情に配慮しなくてよいということは、多少、幸せなことであるように私には思われます。

ま、良いのではないでしょうか。

枕草子にも、そんな話がありましたね。これ、身分意識の強い書物なのですが、身分の低い者が悪口を言うのを聞いたとき、(身分の差ゆえ)いちいち聞くべきではないのだけど、やっぱり気になる、なんて話がありました。

まあ、気になる人には気になるのでしょうね。

私など、慣れてしまって、気にもならなくなってしまいました。こういうつまらぬことであーだこーだ言っている暇があったら、もっと楽しいことをいたしましょう。

1 thought on “ヒロ氏の7/29付けBLOGOS記事「一線を越えた『土下座像』」へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。