コンテンツへスキップ

新型コロナの現状(7/29)

新型コロナ感染状況の7/28版です。


我が国の状況

本日正午時点での厚労省の集計(国内分)では、感染者数が昨日から968人増加して累計31,333人、死亡者は3人増加して累計1,000人となっております。

下の図は新規の7日平均値をプロットしておりますが、新規感染者の7日平均値の増加は、指数関数的増加を続けております。

新規感染者の7日平均値の倍化日数は昨日と同じ12日となっております。これまでの推移は、8, 8, 8, 9, 9, 10, 10, 11, 11, 10, 10, 11, 11, 11, 10, 10, 10, 11, 12, 12, 12という形で推移しており、指数関数的増加の速度はゆっくりではありますが、低下が継続しております。

世界の状況

厚生労働省の発表による世界の状況は、中南米の増加率が引き続き高いほか、なぜかカザフスタンの死者が急増しております。ペルーの数値は昨日と同じものが入っております。

我が国の感染者の増加率は、国際的にみて高い部類となっております。これは、母数である累積の感染者が少ないため、比率では高い値を示してしまうという側面はありますが、感染者が急激に増えていることは確かであり、要注意であるといえるでしょう。

1 thought on “新型コロナの現状(7/29)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。