コンテンツへスキップ

文春オンライン(星野智氏)の9/1付けBLOGOS記事「感染リスクは低いのに、なぜ『パチンコ店』は“総スカン”を食らわなければならなかったのか…」へのコメント

文春オンライン(星野智氏)の9/1付けBLOGOS記事「感染リスクは低いのに、なぜ『パチンコ店』は“総スカン”を食らわなければならなかったのか…」にコメントしました。


> 出自や血で人格を判断する、そんな目線を拒み、自らは決めつける態度は取らない、というのが、小説の姿勢 <

韓国の人たちとは正反対の姿勢ですね。

ないものねだり、ということでしょうか。

あるいは、他に要求するものと、自らが実践することは全然別の話、ということなのだろうか???

それとも、精神分裂なり、二重人格なりといったお話かな?

危ない書物であるような感じがしないでもない、、、

1 thought on “文春オンライン(星野智氏)の9/1付けBLOGOS記事「感染リスクは低いのに、なぜ『パチンコ店』は“総スカン”を食らわなければならなかったのか…」へのコメント

  1. mi.mino

    ああ、またファンタジを本物の歴史とすり替えるいつもの手口ね、
    映画、小説は基本的に嘘でありイメージ戦略にすぎません。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。