コンテンツへスキップ

新型コロナの現状(9/10)

新型コロナ感染状況の9/10版です。


我が国の状況

本日正午時点での厚労省の集計(国内分)では、感染者数が昨日から507人増加して累計72,381人、死亡者は13人増加して累計1,405人となっております。

下の図は新規の7日平均値をプロットしております。新規感染者の7日平均値は順調に減少しています。新規の死者数の7日平均値の倍化日数は27日と、昨日から1日延びております。新規死者数は、ピークを付けた後下がる気配も見せたのですが、下げ渋っております。

本日の死亡者数は19名で、新規死亡者の7日平均値の倍化日数は、9, 10, 10, 8, 9, 9, 10, 9, 7, 8, 8, 9, 10, 9, 10, 11, 9, 10, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 15, 16, 17, 19, 21, 21, 21, 22, 24, 25, 26, 27日となっております。

世界の状況

厚生労働省の発表による世界の状況を下表に示します。本日は欠測値や異常値は見られませんでした。

この表は、累積感染者数の多い順に表示しているのですが、数日前にインドがブラジルを追い越して2番に上昇しております。インドは、感染者の増加率は高いのですが、新規の人口あたりの死者は、ブラジルが圧倒的に多く出ております。

インドでなぜ感染者が多いかといえば、人口が多いのであって、インドの13億強の人口は、14憶弱の中国の人口に迫る勢いとなっております。これに対して、ブラジルの人口は2億人少々。感染者の『人数』では、インドと勝負になりません。

1 thought on “新型コロナの現状(9/10)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。