コンテンツへスキップ

新型コロナの現状(9/11)

新型コロナ感染状況の9/11版です。


我が国の状況

本日正午時点での厚労省の集計(国内分)では、感染者数が昨日から709人増加して累計73,058人、死亡者は6人増加して累計1,411人となっております。

下の図は新規の7日平均値をプロットしております。新規感染者の7日平均値は順調に減少しています。新規の死者数の7日平均値の倍化日数は28日と、昨日からさらに1日延びております。新規死者数は、ピークを付けた後下がる気配も見せたのですが、下げ渋っております。

本日の死亡者数は6名で、新規死亡者の7日平均値の倍化日数は、9, 10, 10, 8, 9, 9, 10, 9, 7, 8, 8, 9, 10, 9, 10, 11, 9, 10, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 15, 16, 17, 19, 21, 21, 21, 22, 24, 25, 26, 27, 28日となっております。

世界の状況

厚生労働省の発表による世界の状況を下表に示します。本日は欠測値や異常値は見られませんでした。

上の表より人口百万人あたりの新規死亡者トップテンを抽出したものを下表に示します。国名の色は、赤が南米、オレンジが中米、青はその他を示しておりますが、新規死亡者が多く発生しているのは中南米の国々を中心としていることが読み取れると思います。

特に赤字で示した南米の国々が多くの死者を出しているのですが、これらの国々は南半球にあり、現在が気温の低下する冬であることと死者の多いことが関連している可能性があるように思われます。

北半球の国々も、あと2か月もすれば冬を迎えることになるわけで、その時点でコロナの感染拡大と死亡者増加が生じる恐れは多分にあると思われます。早い段階での備えが求められるのではないでしょうか。

2 thoughts on “新型コロナの現状(9/11)

  1. mi.mino

    8月の自殺者 大幅増加で1800人超 コロナ影響か分析へ
    >>https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200910/k10012611691000.html?fbclid=IwAR2rPqhmG86j7Dr1Pz18J9LDCoFeyp9X7Lqr3qFk0Xrf7_Uxqp3yCF46X1Y

    >>240人以上増えた。
    お亡くなりになった方にご冥福をお祈りいたします。
    つまり、年間240×12=2880であり、これを多いとみるか少ないとみるかです。
    GOTOトラベルも始まったし、GOTOEATもやる予定だし、東京も含めるということだから、これ以上は増えないとみるべきでしょう。

    すべてがコロナによる報道のためのお亡くなりになった人数と考えても、加藤氏が長谷川氏が煽っているほどの人数のお亡くなりになっている数ではない。

    かれらこぞゼロリスク信者である。自分の都合のよい点だけは…。

    もちろん、私はゼロリスク信者であるから、とても残念なことだと思う。
    それについての対策は書いた。
     リーマンショックではAIG一社に60兆円だしたのだから、もっと補助せよとためらわず補助せよと。
     資本主義の原則など忘れてもっと補助せよと。

     98年代のバブル崩壊は自己責任論が盛んで、国は救わないからあんなに多くの自殺者がでたが、2008年のリーマンショックでは政府からの補助が多く出たから、自殺者はむしろ減った。

     どんどん補助せよ。それが人を救う。

     私は残念に思う、それにためらったことに。。
     この件に関してはこれ以上の意見はいわない。
     ただ、お亡くなりになったかたのご冥福をお祈りいたします。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。