コンテンツへスキップ

大串博志氏の11/3付けBLOGOS記事「『人事のことなので答弁できない』は通用しない」へのコメント

大串博志氏の11/3付けBLOGOS記事「『人事のことなので答弁できない』は通用しない」にコメントしました。


人事に関する情報で、オープンにできるものとできないものがあるのは当然のことです。

誰をどの職に就けるかという情報はオープンになる。これはあたりまえの話です。

誰にどんな問題があるからこの職に就けるわけにはいかない、という情報は、相当にセンシティブである可能性があり、下手に公開すると、人格権の否定や名誉棄損にあたりますので、公開しない場合が多いのですね。

これらは憲法に定められた人権の一部を構成しているわけで、もしも御党のご主張が「憲法などどうでも良い」というものであるならば、「立憲民主党」の党名を変えるのが良いでしょう。

何を考えているのやら、、、

1 thought on “大串博志氏の11/3付けBLOGOS記事「『人事のことなので答弁できない』は通用しない」へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。