コンテンツへスキップ

音喜多駿氏の11/11付けBLOGOS記事「一部野党の攻勢実らず、学術会議任命問題は空振りか…」へのコメント(その2)

音喜多駿氏の11/11付けBLOGOS記事「一部野党の攻勢実らず、学術会議任命問題は空振りか…」に、もう一つコメントしました。


一強多弱の弱の内訳が面白いですね。

弱の上:立民、維新

弱の中:公明、共産

弱の下:国民、れ新、N国

維新が野党第一党になるのも時間の問題であるような感じも致します。

ここで、国民が、石破氏や小池氏を巻き込んで維新のポジションを狙うと面白いのですが、石破氏は国民みたいな弱小政党にはいきそうもないし、小池氏は一度裏切られておりますから全員坊主になるとかしないと合流はあり得ない。

そうなりますと、維新が次の台風の目、でしょうかねえ、、、頑張ってください。

1 thought on “音喜多駿氏の11/11付けBLOGOS記事「一部野党の攻勢実らず、学術会議任命問題は空振りか…」へのコメント(その2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。