コンテンツへスキップ

新型コロナの現状(1/7)

新型コロナ感染状況の1/7版です。


我が国の状況

本日開始時点の自治体データを厚労省が集計した結果(国内分)では、感染者数が昨日から5,946人増加して累計256,412人、死亡者は72人増加して累計3,790人となりました。

下の図は新規の7日平均値をプロットしております。検査件数は大きく増加し、7日移動平均値でも、休日前のレベルに戻っております。また、新規感染者、死に死亡者とも大きく増加しております。倍化日数は感染者数、死亡者数とも、30日以上となっております。

世界の状況

厚生労働省の発表による世界の状況を下表に示します。本日はスペインとスウェーデンが欠測となっております。

人口百万人あたりの感染者数が1日で500人以上増加した国は、米国、英国、チェコ、スイス、イスラエル、ポルトガル、パナマ、レバノン、スロバキア、リトアニアの10か国で、昨日よりは1か国減少しているのですが、感染者数を多く出しておりますスペインとスウェーデンが本日欠測となっていることがその理由と思われます。

百万人あたりの死者が1日で10人以上増加した国は米国、英国、ドイツ、ポーランド、南アフリカ、オランダ、チェコ、スイス、オーストリア、ハンガリー、パナマ、クロアチア、リトアニアの12か国と、こちらも昨日並みとなっております。

南アフリカも英国同様に変異株が早期に見出されていたのですが、この国の新規死亡者が多いことが目を引きます。感染者数はそれほど大きくはないのですが、今後の動向に目が離せません。

1 thought on “新型コロナの現状(1/7)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。