コンテンツへスキップ

かさこ氏の1/8付けBLOGOS記事「緊急事態宣言でも平常通り営業宣言するグローバルダイニング代表・長谷川耕造氏の潔さ」へのコメント

かさこ氏の1/8付けBLOGOS記事「緊急事態宣言でも平常通り営業宣言するグローバルダイニング代表・長谷川耕造氏の潔さ」にコメントしました。


各人がおのれの主張を堂々と述べるのは、ある意味素晴らしいことだと思います。ただし、この主張には同意しがたい部分が多々ありますので、以下その点を指摘しておきます。

1に関しては、感染者の増加が問題で、現在は少ないといえども増加を続けている。感染を増加させているのは感染者ですから、感染者が増加すれば増加するだけ増加が加速するという性質が新型コロナにはあるのですね。

増加をどこかで止めなければいけないとなれば、早い段階で止めることが最も容易で被害も少ないのですね。

2は、感染者が感染者を生み出すメカニズムは人と人との接触ですから、接触機会を減少させる対処は、原理的に効果は期待されるし、第一波や第三波の北海道などで時短なの効果は確認されているとみるべきでしょう。

3は、現に医療現場が悲鳴を上げているという実情がある。

4は、交渉事ですから、要請に応えないというのも一つの手だと思います。

ただし、このような動きが無視しえない状況になれば、当局側の対応として、罰則を伴う法的手段による営業停止命令を用意することとなるのではないかと思います。

現実には感染拡大は確率的な問題ですから、自粛破りの店舗が少数にとどまる限り、実害はないのでしょうが、、、

3 thoughts on “かさこ氏の1/8付けBLOGOS記事「緊急事態宣言でも平常通り営業宣言するグローバルダイニング代表・長谷川耕造氏の潔さ」へのコメント

  1. mi.mino

    できればこういう店に行く人がいなければいいのですが、こういう人にはこういう人ににあった人が付いてくるものです。

    トランプ氏の支持者のようにね。

    返信
  2. mi.mino

    できればこういう店に行く人がいなければいいのですが、こういう人にはこういう人ににあった人が付いてくるものです。

    トランプ氏の支持者のようにね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。