コンテンツへスキップ

赤池まさあき氏の1/23付けBLOGOS記事「コロナ禍 緊急事態宣言から2週間 感染は減少し始めたが…」へのコメント

赤池まさあき氏の1/23付けBLOGOS記事「コロナ禍 緊急事態宣言から2週間 感染は減少し始めたが…」にコメントしました。


己の経済的利益のために他人の健康を害してはならないわけで、その手の行為に無条件で罰則規定を定めることは、人権侵害でも何でもありません。感染防止を目的とする営業禁止による損失を政府が補填しなくてはならない道理はありません。

一方、通常なら問題がないのに、疫病の伝染ゆえに営業が困難になるという事態は、地震や風水害や火災と同様、天災の一種であり、この損害を政府が補填することはごく一般的なのですね。

法律というものは、筋を通すことが肝心で、業界の圧力で筋を曲げるようなことがあってはならないのですね。今回のコロナ禍に関しても、拙速に過ぎるあまり将来に禍根を残すような形にはならないよう、十分注意して取り進めなくてはいけません。

1 thought on “赤池まさあき氏の1/23付けBLOGOS記事「コロナ禍 緊急事態宣言から2週間 感染は減少し始めたが…」へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。