コンテンツへスキップ

塩崎恭久氏の2/14付けBLOGOS記事「官民の『ゲノム解析チーム』を立ち上げよ」へのコメント

塩崎恭久氏の2/14付けBLOGOS記事「官民の『ゲノム解析チーム』を立ち上げよ」にコメントしました。


慶応大学を中心とする研究チームが、昨年夏に、重症化しにくい「国内変異型」が起きていたことを突き止めた

裏返せば、強毒性、感染力の増した「日本型変異」が、いつ起きてもおかしくない

これは、裏返さなければ、ワクチン候補として有望な株が国内で得られていた、ということにもなるのではないでしょうか。ファクターXが何かについては、未だ明らかではないし、単なる生活習慣によるものであるのかもしれませんが、もしもそれが毒性の極めて低い変異型によるものであるとすると、これは、大いに喜ぶべき話です。

慶応大学もそうですが、この手の研究機関には集中的に資金や研究資源を配分して、このテーマは早急に追いかけていかなくてはいけません。

ひょっとすると、ノーベル賞ものの成果が出てくるかもしれませんよ!

1 thought on “塩崎恭久氏の2/14付けBLOGOS記事「官民の『ゲノム解析チーム』を立ち上げよ」へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。