コンテンツへスキップ

ABEMA TIMESの2/15付けBLOGOS記事「森会長の女性発言は『自虐的な冗談』現場では失笑も…」へのコメント

ABEMA TIMESの2/15付けBLOGOS記事「森会長の女性発言は『自虐的な冗談』現場では失笑も…」にコメントしました。


冗談だから許されるかといえば、たぶん逆に受け止められるのではないかな? 差別を冗談のネタにするのは、一般的に、より悪質と受け止められるのではないかな?

つまり、森氏は冗談めかして差別的な主張をしてしまったと、ここで告白しているわけですね。困った問題を困った問題として語ることは、現実的に避けられない議論だけど、差別を笑いのネタにすることは、より質の悪い行為ではないですか。

更にまずい点は、その場で森氏の冗談が受けたらしいということ。こうなってまいりますと、森氏一人の問題ではなく、委員会全体の問題ということになるのですが、こんなことを告白してしまう神経を疑います。結局のところ、堀潤氏はこの問題の深刻さをまったく理解されていないのではないでしょうか。

つまり、こんな話が世界に伝わってしまいますと、森氏一人が辞めて済むような問題ではなく、組織委員会はいったん解散しなくてはいけない、などという話になってしまうかもしれないということですね。

まず現実的に早急に打つべき対応として、堀潤氏のフォローは何のフォローにもならないということを認識されて、この問題に関して、堀潤氏は一切、話さないのがベストの対応であるような気がいたします。

(追記:語り手を勘違いしておりました。一部「森氏」を「堀潤氏」に訂正しました。)

1 thought on “ABEMA TIMESの2/15付けBLOGOS記事「森会長の女性発言は『自虐的な冗談』現場では失笑も…」へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。