コンテンツへスキップ

NEWSポストセブンの3/26付けBLOGOS記事「報道の萎縮を招く『電波利権』 正常化には総務省の解体しかないか」へのコメント

NEWSポストセブンの3/26付けBLOGOS記事「報道の萎縮を招く『電波利権』 正常化には総務省の解体しかないか」にコメントしました。


総務省を解体しても、利権を牛耳る部署が残ってしまったら同じことです。電波利権の解消は、オークション制に移行するしかありません。

もう一つの問題は、我が国の言論・報道の自由が阻害されているという問題で、これに関しては、クロスオーナーシップの禁止が必要でしょう。

電波利権の問題が存続し続けたのは、新聞社とテレビ局の資本関係にあったであろうことは、まず間違いのないところ。こんなことをしていては、評論家だって自由な言論をしにくくなってしまいます。

まあ、それはそれで情けないとは思いますが、、、

1 thought on “NEWSポストセブンの3/26付けBLOGOS記事「報道の萎縮を招く『電波利権』 正常化には総務省の解体しかないか」へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。