コンテンツへスキップ

石破茂氏の6/11付けBLOGOS記事「党首討論など」へのコメント

石破茂氏の6/11付けBLOGOS記事「党首討論など」にコメントしました。


「オリンピックを中止もしくは再延期すべきだ」との意見は、感情論はともかく、法的にはそもそも日本政府や東京都に言っても意味のないことではないのか。

今回問題になっている点は、「コロナの感染が広がっている状況下でオリンピックを開催することは妥当ではない」という点ですから、これは優れて日本政府なり東京都の問題なのですね。

つまり、日本政府としては『感染が拡大している状況下では(例えば緊急事態宣言下では)あらゆるスポーツ大会の開催を禁止する』という法律を制定してしまえばよい。多分、都条例でも、似たようなことはできるのではないでしょうか。「東京都の施設・要員・資金などは一切これを使うこと能わず」とかね。これは、我が国が国民の安全を守るための措置ですから、諸外国に文句を言われる筋合いはないのですね。

もちろん、その場合は、Jリーグやプロ野球、はたまた高校野球も中止しなくちゃいけません。そもそもこれらを放置してオリンピックだけ中止せよという議論がおかしいのですが。でもそれをやる前に、夜間の飲食店の営業禁止や、酒類の提供の禁止などを政府が命令できるようにする、強制力なり罰則なりを伴う措置を可能とする法の整備も必要でしょう。

これ、あーだこーだ言う前に、併せてやっちゃったらよいのではないでしょうか。オリンピックを中止するかどうかを含めて、個々の禁止事項に関しては、後の政府の判断に委ねるとして、まず、法の手当てだけを先にするということですね。今の野党の盛り上がりを見ておりますと、この法案、よもや反対されるようには思えないのですが、、、

1 thought on “石破茂氏の6/11付けBLOGOS記事「党首討論など」へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。