コンテンツへスキップ

川北英隆氏の9/8付けBLOGOS記事「神と上と紙」へのコメント

川北英隆氏の9/8付けBLOGOS記事「神と上と紙」にコメントしました。


刑務所に入っている人間を調べたら長男が多い、などという話があります。その理由は簡単で、次男三男よりも長男が多いから。

このエントリーにも似たような背景がありまして、日本の人口は世界第11位なのですね。だから、普通に感染していても11位前後にはなる。

刑務所のお話は、ある種のギャグとして聞くべきお話であるわけですが、このエントリー主のお話もギャグとして聞いた方が良いのでしょうね。まさか、京都大学の教授ともあろうお方が、この手のギャグを本気で語られているなんて馬鹿げたことはあり得ませんから。

京都大学も、いよいよ吉本興業の向こうを張って、大学発のエンターテインメントビジネスに乗り出した、ということでしょうか。まあ、宜しいのではないでしょうか。

あと、データをみられる際には、死者の数もチェックされるのが良いと思います。災害の規模を判断するには、死者の数で評価するのが一般的ですから。そして我が国のコロナでの死者数を見た人は、その少なさに、たぶんびっくりすると思います。黙って退陣された宰相も、結構よいお仕事をされていた、ということではないかな?

1 thought on “川北英隆氏の9/8付けBLOGOS記事「神と上と紙」へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。