コンテンツへスキップ

早川忠孝氏の11/13付けBLOGOS記事「立憲民主党がこれからどう変わっていくのか、注視しよう」へのコメント

早川忠孝氏の11/13付けBLOGOS記事「立憲民主党がこれからどう変わっていくのか、注視しよう」にコメントしました。(表示されないのですが)


それでも折角出来た塊を崩すようなことはされない方がいい。

奥行きのあるお言葉ですね。

なぜそうか、といえば選挙の時に有利だから、でしょ。比例復活があり得るし連合の協力も得やすいし、共産党の協力だって得られるかもしれない。そういうあれやこれがあったから、この程度のマイナスで済んでいるのですよね。枝野氏の功績は甚大です。

でもそのあれやこれやは、すべて、議員であり続けるために意味のある話であって、我が国の政治の世界で何らかをなさんという話は全然ない。そちらが実際問題として立民の大問題なのですね。

政党というものは、議員であり続けるための互助会ではなく、政治的な目標を実現するための集まりなのですね。その目標があやふやであるなら、そして「迷走する」などというなら、この政党は、解散するのが筋。確かに議員であり続けるためには、「塊である」ことは大いに意味があるのですが、、、

1 thought on “早川忠孝氏の11/13付けBLOGOS記事「立憲民主党がこれからどう変わっていくのか、注視しよう」へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。