コンテンツへスキップ

質の悪い人々

アゴラ編集部の7/4付けアゴラ記事「N党・立花氏『質の悪い子ども増やしてはダメ』と発言し『優性思想』と批判が起きる」へのコメントです。


E.ダットン等の「知能低下の人類史」という書物の日本語版が昨年10月に出ていますけど、この発言は、おおむね同書の主張をなぞるものです。

生きやすい環境になれば、淘汰もされなく、種の進化も止まってしまう、退化が始まる、というわけですね。

そういえば、大昔、ピーターの法則というのがありましたね。これは、人は能力の限界に至るまで出世する。その結果、与えられたポストに要求されるレベルに照らして無能になる、という法則です。

それでやっていけるなら、結構な時代であるとも思いますが、、、

1 thought on “質の悪い人々

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。