コンテンツへスキップ

わかっちゃいるけど…

尾藤克之氏の7/4付けアゴラ記事「足かせになる希望退職」に対するコメントです。


優秀な人が転職先を見つけることは容易でしょう。…そのため希望退職をおこなうと優秀な人から退職していきます。

「同一労働同一賃金」というのは、労働に対応して賃金を決めるということであって、「優秀な人」の労働は、そうじゃない人と全然「同一」じゃないわけですから、これを同一賃金にしてしまうのは、趣旨に反するのですね。

優秀な人を高給で処遇すれば、割増退職金を得ても転職するメリットが薄くなる。優秀な人に他社を上回る給与を支払っていたら、優秀な人ほど辞めたくないと思うはずですよね。

もしかすると、誰が優秀でだれが優秀ではないかわからない、ということかな? それだったら、割増退職金を出して優秀な人に辞められても、全然気が付かないから、問題にもならないはず。

本当は、わかっているけどやらない、ということじゃないかな。それじゃあ問題は、いつまでたっても解決しません。何をしているのでしょう、、、

1 thought on “わかっちゃいるけど…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。