コンテンツへスキップ

日本式要人警護の穴

古森義久氏の7/13付けアゴラ記事「安倍氏暗殺事件で浮かび上がる『日本の民主主義』の弱点とは」へのコメントです。


犯人が全国規模で動き回っているのに、防衛する側はローカルが対応する、これが間違いでしょう。

要人警護は専門のSPがやらなくてはいけない。専門家に素人が対応したら、勝負の結果は見えている。無理な注文、そういうことではないかな?

1 thought on “日本式要人警護の穴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。