コンテンツへスキップ

COCOA(ココア)の効用

アゴラ編集部の9/13付けアゴラ記事「『COCOA(ココア)』が利用停止へ:感染の抑止効果はあったの?」へのコメントです。


COCOAは、感染者を発見する役にはあまりたたなかったけど、厚労省の無能ぶりを発見する役には大いに立ちました。

これを無駄にしないためには、厚労省解体という、具体的対策につなげていくことです。

年金などの金銭を扱う業務は財務省なり国税局に移管するのが正解です。こうしておきますと、将来の負の所得税などへの制度変更が容易になります。

医療関係の業務は文部科学省でよいのではないでしょうか。大学病院などもありますし、医療技術は科学の対象分野でもあるのですね。

官庁業務のデジタル化は、今後も大いに進めなければいけないところ。これほど駄目なことをやらかしておとがめなしでは、悪い前例を作ることになります。一罰百戒の意味でもここはきちんとけじめを付けなくてはいけません。


こちらもお読みください。この役所、さっさと解体するに限ります。

1 thought on “COCOA(ココア)の効用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。