コンテンツへスキップ

泣く人あらば笑う人あり乱高下

アゴラ編集部の10/20付けアゴラ記事「【速報】1ドル=150円台に:32年ぶりの大台突破に介入はあるのか」へのコメントです。


輸入品が高くなったと騒いでいる人が多いけど、その意味は、国産品が相対的に安くなっているということ。

輸入品と競合関係にある国産品のメーカは、軒並み、ビジネスチャンスになっているのですね。

まあ、毎度のことでなんですが、大変だ大変だという人がいる一方に、ひそかに喜んでいる人がいる。だけどこういう人たちは黙っているからわからない。マスメディアも、政府を褒めるような報道はしないから、利益を得た人の存在は気づかれにくい。

こういう構造をきちんと見抜いておかないと、判断を誤ることになります。

1 thought on “泣く人あらば笑う人あり乱高下

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です