コンテンツへスキップ

無策の策がトロッコ問題の正解

荘司雅彦氏の10/28付けアゴラ記事「2パターンあるトロッコ問題のちがいを考える」へのコメントです。


トロッコ問題の正解は、どちらも「なにもしない」でしょう。

良い結果を出しても褒められない。悪い結果に対しては大いに責められる。ならば、する義務のないことは、しないのがベストです。

与党の政治家なら、およそそう考えていると思いますけど、これが減点法の支配する社会での、賢い生き方なのですね。

遅れず、休まず、仕事せず。これをモットーとしておりますのが、わが日本という国であるわけです。

あ、これ、反語的批判ですからね。

1 thought on “無策の策がトロッコ問題の正解

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です