コンテンツへスキップ

新型コロナの現状(1/23)

新型コロナ感染状況の1/23版です。

我が国の状況

本日開始時点の自治体データを厚労省が集計した結果(国内分)では、感染者数が昨日から32,571増加して累計32,077,899、死亡者は253人で、累計は65,622となりました。

下の図は各数値の7日平均値をプロットしたものです。本日は、感染者数の減少には多少のブレーキがかかっておりますが、死亡者数はかなりの幅で低下しております。米国でオミクロンの新株が増加しているとのニュースがあり、先行き注意が必要ですが、第8波がおさまりつつあることは良いニュースです。

世界の状況

厚生労働省の1/23の発表による世界の状況は、下表の通りです。本日の欠測国は、トルコ、ギリシャ、タイ、イラク、バングラデシュ、ジョージア、ヨルダンの7か国でした。前回の集計から7日を経過しておりますので、増加分の色分けは従来の7倍で行うようにしております。

新規感染者が7日で百万人あたり3,500人以上増加した国は、日本、韓国、台湾、香港の4か国で7日前から1か国の減。感染者は依然として、東アジアが中心となっております。死亡者が7日で百万人あたり70人以上増加した国はゼロで、こちらは7日前と同じとなっております。

1 thought on “新型コロナの現状(1/23)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です