コンテンツへスキップ

マイナカード廃止、私も賛成

鈴村泰氏の7/23付けアゴラ記事「新しいマイナンバーカードの仕様についての提案」へのコメントです。


新しいICカードでは裏面のマイナンバーの記載を削除することが検討されています。私はこの案に賛成です。裏面のマイナンバーの記載を削除すれば、もはやマイナンバーカードではなくなり、ただのICチップ付きの身分証明カードと言うことになります。そうなれば紛失した時にマイナンバーが漏出する不安がなくなり、持ち歩くことへの抵抗が減少します。

最初からこうすればよかったのですね。他人に知られちゃいけないものを、何で普段持ち歩くカードに表示しなくちゃいけないのか。この自己矛盾がマイナンバーカードの存在意義に大いなる疑問を投げかけていたのですね。

しかも、この番号が他人に知られないようにする手段として、カードを透明ケースに入れて、知られちゃいけない情報が記載された部分だけ不透明にしておく、と。受験生ですか、あんたは!! そんなもの、ちょっとずらせば見えてしまうじゃないですか!!!

最初に引用した部分には私も賛成。付け加えるべき点は、これをマイナンバーカードと呼んではいけない。地方自治体の身分証明書サービスと呼べばよい。

追加すべき項目として、あらゆる本人識別機能を持つカードにICチップの搭載を義務付け、これにマイナンバーの記録を強制すること。保険証、運転免許証、キャッシュカード、クレジットカード、エトセトラ、エトセトラ。紙の保険証も自動的になくなるわけで、政府の公約も自動的に果たされる。めでたしめでたしです。

1 thought on “マイナカード廃止、私も賛成

コメントは停止中です。