コンテンツへスキップ

ホモコンに改めるべきミスコン

アゴラ編集部の2/6付けアゴラ記事「椎野カロリーナさんがミス日本を辞退:予想の斜め上をいく泥沼不倫?」へのコメントです。


「ミス」という言い方はまずいと「ミズ(ミス or ミセス)」が推奨されたのが昭和の御代、思い起こせば20世紀のことでした。何もかも皆懐かしい・・・

それから時は流れ、今はLGBT大いに結構の時代。既婚未婚事実婚不倫に重婚元彼ありなどからさらに一歩進んだ、男も女もない時代。ミスコンは、「ホモサピエンスコン」略して「ホモコン(???)」にしなくちゃいけない時代なのですね。

こういう縄文時代のようなやり方をしているのは、ひょっとすると、世界広しといえど、日本くらいのものではないのかな? 知らんけど、、、

1 thought on “ホモコンに改めるべきミスコン

コメントは停止中です。