コンテンツへスキップ

2/3田原総一朗インタビューへのコメント

2/3田原総一朗インタビューへのコメントです。


英国のBBCは、多くの人に信頼されているのですが、その一つの理由に「ニュースの軽重」をきちんとわきまえている、という点が挙げられます。

BBCの重視するニュースは、死者が出るなどの犠牲者が多いニュースで、さらに政治的理由がその背景にあるとき、重大ニュースとして扱われます。

我が国のジャーナリズムも野党も、あまり国民に信頼されていない理由は、一つには、問題の軽重を全くわきまえていない、という点にあるのでしょう。

もりかけ桜が、我が国にとって、どれほど重要な問題であるのか、一度よく考えてみたほうが良い。

北朝鮮、韓国、中国、ロシアと、アジアをめぐる様々な政治的対立に対してどうするのか、オリンピックを控えてコロナウィルスにどう対応していくのか、中東のリスクをどう考えるのか、BREXIT後の世界経済にどのように対応するのか。

これらをほったらかして、もりかけ桜を議論する人たちをどのように考えればよいのか。結局は、赤ちょうちんで一杯ひっかけて口角泡を飛ばしているおっさんの言とさして変わるものではない。

であるから、いくら何を言ったところで、安倍内閣はみじんも揺るがない。あたりまえの話です。


以下は、本ブログ限定の関連情報です。

ニュースの重さ。東横イン事件に思うこと」もご参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。