コンテンツへスキップ

2/20付け諌山裕氏のBLOGOS記事「エイリアン宛の通信、その星でいいのか?」へのコメント

2/20付け諌山裕氏のBLOGOS記事「エイリアン宛の通信、その星でいいのか?」にコメントしました。


知的生命体に送るべきメッセージは、多分、素数の系列でしょう。

タイル1枚、2枚、3枚、5枚、7枚、11枚、13枚、17枚、19枚...と並べれば、タイルの数が数値を表すことと、送信者が素数を知っている存在であることが分かります。

次いで、タイルの数で数値の文字表現のルールを教え、巨大な素数の因数分解をして見せて、最後に巨大な素数の積を示して、さあ、解いてみよとやるくらいでしょうか。

答えとともに、これに輪を掛けて巨大な素数の積を解いてみろという返信が来たら、人類は困ったことになるかもしれないのだが、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。