コンテンツへスキップ

中村ゆきつぐ氏の3/2付けBLOGOS記事「PCR検査陰性は新型コロナウイルスに感染していないことの証明になりません」へのコメント

中村ゆきつぐ氏の3/2付けBLOGOS記事「PCR検査陰性は新型コロナウイルスに感染していないことの証明になりません」にコメントしました。


この、「陽性確定」というのは、「社会的に」という意味ですね。

つまり、この検査で陽性と出たら、実際に感染しているか否かにかかわらず、社会的には感染者として扱われる、という意味ですね。

これはすなわち、感染者が出ましたというニュースが流され、住所や立ち寄り先などの個人情報が晒され、新型コロナ専門の病棟に隔離されるということですね。

これがもし、偽陽性だったら、目もあてられません。その確率は低いのかもしれませんが。

そこまで考えますと、検査を忌避する人がいても不思議はないのですが、安心のために検査してほしいと言い出す人がいるのは相当に不思議なことです。

もちろん、新型コロナが疑われる症状が出ていれば、検査をするのが妥当だと思いますし、ここで検査を受けることは国民の義務であるともいえるのでしょうけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。