コンテンツへスキップ

島村優氏の3/23日付BLOGOS記事「自分が世界を変えると信じられた“政治の季節”…」へのコメント

島村優氏の3/23日付BLOGOS記事「自分が世界を変えると信じられた“政治の季節”〜映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』豊島監督インタビュー」にコメントしました。


日本の若者たちは敗れた。米国の若者たちは勝った。その結果が今です。

敗れたことは、残念だけど、戦って敗れたのだからやむを得ないのですね。何もしないで終わっていたら、ゼロですから。

そして、敗れた理由は、単純すぎたから。日本の若者も、もう少し賢くなければいけませんでした。まあ、バカだったから仕方ありませんけど。

とはいえ、全くの無に帰したわけでもない。今日の我が国の中にも、当時の熱いものが脈打っている部分がないわけではない。

漫画、ゲーム、アニメとつながる我が国のカウンターカルチャーの基底部分には、そうした歴史の跡がきっちり残っている。こればっかりは、否定のしようもない。

まあ、残滓、などといわれてしまうかもしれないのですが、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。