コンテンツへスキップ

天木直人氏の4/4付けBLOGOS記事「アビガンで勝負に出た安倍首相」へのコメント

天木直人氏の4/4付けBLOGOS記事「アビガンで勝負に出た安倍首相」にコメントしました。


| 中国の科学誌に掲載されていた、アビガンと同成分の薬を
| 患者に投与して有効性を確かめたとする中国の南方化学
| 大学などのチームの論文が、3日までに、急きょ取り下げ
| られたことがわかったと。
...
| 安倍首相の動きを知った中国が、密かに臨床実験を加速さ
| せ、日米を出し抜こうとしていることは容易に推測できる。

あまり簡単に推測しない方が良いと思いますけどね。

論文を取り下げるのに、秘密保持という目的だって絶対ないとは言いませんけど、すでに中国の科学誌に掲載しているのですよね。

そうであるなら、論文の記述に間違いが見つかったとか、パクリねつ造などが露見したとか、その他の要因による取り下げの方が可能性が高そうに思えますけどね。

安倍氏の発表を受けてということであるなら、STAP細胞の時に問題となった「再現性」を問われることを恐れたということだってありそうな話です。

| 米中の世界覇権争いで米国側につく。

コロナ治療薬開発競争で、世界が日本側につく、ということではないでしょうか。

悪い話ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。