コンテンツへスキップ

中村ゆきつぐ氏の4/23付けBLOGOS記事「院内感染はもうほぼ予防できない なんとか拡げないようにすることが目標 病院では検査を」へのコメント

中村ゆきつぐ氏の4/23付けBLOGOS記事「院内感染はもうほぼ予防できない なんとか拡げないようにすることが目標 病院では検査を」にコメントしました。


米国の抗体検査の結果では、実際の感染者は「公式数値の50倍」という値が示されていましたね。
https://blogos.com/article/452376/

日本の場合、累積感染者の公式数値は1万人に一人、0.01%ですから、6%はこの600倍ということになります。

ここで一桁異なるのが一つのなぞですけど、もしかするとBCGの効果なり、毒性の弱い新型コロナが初期段階で中国からもたらされたがゆえに抗体を持つ人が多かった、などの諸説のいずれかがあたっていたのかもしれません。

いずれにせよこれはグッドニュース。医療機関のクラスター防止には大いに気を付けなければいけませんけど、感染したけど無症状の人が多く、おそらくは抗体を持つ人が無視できない数存在するということは、この病気に対する日本社会の強さを示す背景となりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。